• 欲しいものが買えない
  • お金がないこと自体がストレス
  • 働いても働いてもお金が貯まらない

こんなストレスが溜まる生活を長期間続けると最悪身体を壊してしまいます。

あなたは、お金がない生活に疲れたと思っていませんか?

お金に余裕がないと、仕事中もお休みのときもお金のことが頭から離れなくなって、常に何かに追われているような感じがしますよね。

本当にヤバいときは、お金を借りることも考えなくてはいけません。

でも、基本は支出を減らして収入を増やすことです。

すぐに収入を増やすのは難しいので、まずは支出を減らすことをおすすめします。

特に減らしやすいのが、携帯代やインターネットなどの通信費。

格安スマホに変えるだけで、年間数万円~十数万円の支出を減らすことが可能です。

支出を減らしつつ、副業が禁止されていなければ副業を始めましょう。

副業なら、本業で給料を増やすよりは簡単に収入を得ることができます。

支出を見直すことによって、お金に余裕のある生活を手に入れた体験談を紹介します。

パチンコで借金100万円越え…そんな状況から抜け出した体験談

若いころにパチンコにのめりこんでしまって、20代前半で100万円以上消費者金融からの借金がありました。

その時は定職についていましたが、パチンコへの欲求を抑えることができず、毎月の収入では生活費が足りませんでした。

親にも仕送りをもらっていて、情けないと常に思っていました。

また、借金のことを考えることが多く、仕事も手につかず、日々何かに追われている感覚が強かったです。

 

なのでまずはパチンコをやめました。

結婚して子供を授かったことがきっかけで、土日も遊んでいられない状況が続き、次第にパチンコへの興味がなくなりました。

しかし、たまってしまった借金を返し続けなければなりません。

そこで、まずは自身の支出を把握するために家計簿のアプリをスマホに入れて支出の管理を始めました。

2~3ヵ月続けたことで、支出の傾向がわかりました。

通信費や保険料など見直せる固定費は見直し、外食も控えるようにすることで借金を繰り上げて返済できる余裕ができました。

また、複数の消費者金融から借り入れがあったので、返し終わった金融機関は弁護士事務所へ依頼して片っ端から過払い金請求をしたことで、約30万円ほどの返済原資にすることができました。

少しずつ借金が減り、生活が楽になっていく状況で日常の何気ないことにも余裕を持てるようになりました。

 

無借金となった今は、生活は本当に豊かになったと感じています。

心に余裕が持てて仕事にも集中できるようになりました。

借金の返済原資に充てていたお金は貯金やちょっとした贅沢に使うこともでき、今は安定した生活ができています。

また、この経験が生きているのか、少しずつ貯金に回せるお金も多くなっている気がしています。

今は前向きに副業などもして、もっとお金をためていきたいという気持ちが強いです。

 

当ブログでは、この他にもお金がない状況から抜け出した体験談を多数紹介しています。

あなたもお金に余裕のある生活が送れることをお祈りしています。

Copyright© お金がない生活に疲れた!どうすればこの状況から抜け出せる!? , 2020 All Rights Reserved.