お金に余裕が持てるようになった体験談

躁うつ病を患い退社、生活保護に…そんな状況から生活保護を脱した体験談

今回は、40代前半の男性にお話をお伺いしました。

躁うつ病を患い、退社。

復職できるものと思っていてお金も結構使ってしまっていたそうで、自己破産し、生活保護を受給することに。

そんな状況から、生活保護を脱したというお話です。

なぜお金がない状態になってしまったのか、その時の心境はどうでしたか?

躁うつ病を患い、休職中しばらくは会社からもらえるお金で困ることなく生活できていました。

しかし、復職できるものと思っていたので、気持ちも大きくなっているのか、カードでの買い物、旅行が増えていく状態になりました。

働けていない状態にも関わらず、同棲中の恋人の生活費もほとんどもらっていませんでした。

しかし、復職できず、退社となったのです。

その後は雇用保険で生活しましたが、カードの返済、住宅ローンの返済が厳しくなり、自己破産となりました。

その時は、何とかなるだろうという気持ちが強かったです。

でもいざ、生活が厳しくなると、なぜこんなに気持ちが大きかったのか不思議に思います。

お金がない状態から抜け出すために何をしたか、その時の心境はどうでしたか?

まだ、フルタイムで働ける状態ではなかったため、ローン相談所より連絡があり、法テラスを勧められました。

法テラスでは、自己破産をするしかないと言われ、手続きを開始しました。

返済はなくなりましたが、そのかわり家を失う事になったのです。

賃貸マンションをで生活するようになり、雇用保険も切れ、アルバイトを転々としました。

それでも、ガスや電気を止められること…

まだ完全に仕事ができる状態ではないため、区役所の支援課に相談し、生活保護を受けることにしました。

本当に落ちるところまで落ちたという感じです。

お金がないことで、病気の回復の足かせになっていました。

以前は余裕のある生活をしていましたが、生活保護まで落ちるは思ってもみませんでした。

その後、障害者年金があることを知り、申請し受給できるようになりました。

せめて生活保護から抜け出すために、障害者就労支援事業所で、パートを開始。

最初は、週に2回くらいから、回数を増やし、週5まで通えるようになり、障害者年金とパート代により、生活保護を脱することができました。

お金がない状態から抜け出して生活や心境はどう変化しましたか?

現在も余裕のない状態ですが、生活保護という状態から脱することができ、ホッとしています。

その後、再度、恋人と同棲するようになり、生活費も折半することになり、前まではいかないものの、普通の生活を送ることができました。

お金に余裕がなくなってきていること、生活保護を受けいたことを恋人には話していませんでした。

それでも察したのか、生活費を渡してくれたのです。

今は、逆に多く出してもらっている部分もあります。

ガスや電気を止めらる、生活保護を受けているという惨めな経験は二度としたくないと思っています。

病気になって、10年以上ですが、未だ治療中であり、早く社会復帰したいとです。

-お金に余裕が持てるようになった体験談

Copyright© お金がない生活に疲れた!どうすればこの状況から抜け出せる!? , 2020 All Rights Reserved.